AI搭載 廃棄物自動選別ロボット「URANOS」発表

弊社は「AI搭載 廃棄物自動選別ロボット『URANOS』」をウエノテックス株式会社(新潟県上越市)と共同開発し、初号機URS-01を2019年3月12日のNEW環境展で初公開しました。

人手不足が深刻化している中、安全で24時間連続稼働可能な装置をお届けしたい。日本の静脈産業に国産のAI選別ロボットを。そんな想いで開発をすすめてきました。

URS-01は、最新センサー群、垂直多関節ロボットとパラレルリンクロボットの3ユニットで構成。センサー群から得られた情報をもとに自社開発のAIで材質や形状を判断。それそれのロボットには、ウエノテックスが独自開発したハンド及びパッドを搭載しました。

多種多様なものを選別可能ですが、展示会には選別する種類が多い建築廃材を持ち込みました。コンクリートやプラスチックなどの大きくある程度重さのあるものをMハンドで、ダンボールや壁材(サイディング)や石膏ボードなどある程度平らで軽いものをSパッドで、それぞれ高速に選別する様子は、多くの来場者から驚嘆の声をいただきました。

URANOSはユニット構成ですので、要件に合わせてセンサーやロボット及びハンドを組み合わせられ様々な選別が可能です。建築廃材以外にも一般廃棄物にも対応できます。

また完全自動化せずに、遠隔地から安全に選別作業が行えるシステムも開発中です。タブレットで材質を指定するとロボットが自動的にピックアップ。作業環境を選ばず、遠隔で作業をしていただくことが可能となります。

私達はこれからも最新テクノロジーを駆使し、お客様に利をもたらす(利他)製品を開発していきます。

*音楽が流れますので音量にご注意ください

お問い合わせ先:

URANOSに関するご相談は、ウエノテックス株式会社 お問い合わせ総合窓口

AIやソフトウェアの開発に関するご相談は、弊社 お問い合わせフォーム

AI搭載 廃棄物自動選別ロボット「URANOS」発表」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中