電源の無い場所でも長期間動作する多機能デバイスの開発

先端の通信技術を用いて電源のない場所でも長い期間動作するデバイスを開発出来ます。これにより、これまでは困難であった様々なモノのGPSトラッキング出来るようになります。また、得たい情報に合わせてセンサーを入れ替えることで、温度や湿度、重量、体積、加速度(移動検知)、蓋や扉の開閉、タイムスタンプ(時間の管理)、識別IDの取得など、フレキシブルなデバイス開発(※)と連動するアプリケーション開発が出来ます。

例:コンテナの運用管理システム
自社で管理しているコンテナにLPWA通信を採用したデバイスを装着することで、今どこにあるかが地図上で一目でわかります。また、タイムスタンプにより設置日が分かりますので、一定期間同じ場所に設置されているコンテナがあった場合、担当者に通知するようにできます(地図上で点滅させることも可能です)。加えて体積測定センサーを取り付ければ、内容量がおおよそ50%以上なら黄色に、80%以上なら赤色にすることも可能です。

※各種センサーは設置環境や運用条件によって取付可否、精度誤差が生じます。

電源の無い場所でも長期間動作する多機能デバイスの開発」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中