自動クレーン投入

クレーン自動投入

カメラ映像とセンサーから廃棄物の場所と分布を認識し、AIにより最適な把持ポイントを特定します。把持した廃棄物を破砕機へ自動投入しますので、廃棄物をヤードに貯めておけば作業をし続けます。

また、ヤードを複数に分割しそれぞれのヤードから投入する割合を設定することもできます。これにより、例えば『廃プラスチック:80%、木くず:10%、紙くず:10%』といったような割合での安定した廃棄物投入を実現します。